虫歯の治療との違い

今の歯は何本?

少し前に、耳にした言葉で「はちまる にぃまる 運動」という80歳に自分の歯を20本、残しましょう、という活動のようです。
何らかの理由で歯をなくした人には、入れ歯を使えば、固いものも噛むことができると言われておりますが、やはり理想は、自分の歯で食べ物を噛み砕き食したいと願うのは、誰でも同じではないでしょうか。
しかし、何もしないで虫歯にならないということにはなりません。
それなりの手入れも必要でしょう。また、インプラントというような歯茎に義歯を埋め込むような手法もあるようですが、自分の歯にかなうものはないので車内でしょうか。

人によって、歯の生え方も様々でしょうし、歯の質も柔らかい人や固い人もいるでしょう。
食するものでも違いは出るのでしょうが、可能な限り、自分の歯を大切にしたいと、思うのは、私だけではないと思うのですが、いかがでしょうか。

将来的な自分の歯

今は、健康で、歯槽膿漏にもなっていないで、虫歯もないという人もいるでしょう。その健康な歯を手入れをしないで永久に綺麗な状態で維持するのは、努力が必要となってくるのは当然のこと。
できる限り、自分自身の歯で食事をしたいと願うのは、誰しも同じだと思うのです。また、周囲の人も同じように思っているのではないでしょうか。特別に柔らかい料理を作らなければならなくなると、料理の手間もかかってきますしね。
では、将来的に自分自身の歯を何本残しますか。年齢として80歳になった時点で。当然、すべて、健康な歯で残したいと願う人は多くいるでしょう。また、何本かは自分の歯ではないという人なら、これ以上は、抜歯をしたくないと思う人もいるでしょう。
とするなら、可能な限り、日常のお手入れをしておきたいと思うのは自然なことですよね。


▲ TOPへ戻る